シンプルに暮らしたい

自分にとってちょうど良いサイズの暮らしについて考えています

普通である価値

アドラー心理学 嫌われる勇気の最後の方に

「普通である勇気」というような言葉がありました。

1回目は読み飛ばしていたのかもしれませんが、

2回目はとっても心に響きました。

 

誰しも小さい頃は「自分は何者かになれる」と思っていると思います。

自分にとって自分は特別な存在です。

でも周りと比べるようになって、特に優れているところがないことに気づくと

急に劣等感にさいなまれます。

 

私自身も昨年はとっても自己肯定感が低くなって負のオーラをまとっていました。

体調不良がそこに重なり、

若干うつ状態だったのではないかと今は思い返します。

 

自分が「普通である」ということを勇気をもって認めると、

存在レベルでの価値というものが感じられるのかなと思いました。

 

まだまだアドラー初心者なのでもう何冊か読んでみます。

そして誰かアドラー好きな人を見つけたときに、

アドラー談義ができるように自分の感じたことをまとめようと思います。